反逆の Commoner

男前の思想家。

少子化解決法

f:id:zentroa:20160815140046p:plain

 

バイト探しをしなければならないが、書きたい事があったのでもう一つ。

 

少子化が問題視されている。それに伴う年金問題

若者の結婚離れも一つの大きな原因だろう。

収入が低く、とても家庭を築いて支えていくことなど想像ができないのだ。

分かる。僕もその一人だ。自分のやりたいことさえままならないのに・・・。

 

私の話をしよう

「征く者(私)さんの子供だったら絶対可愛いですよ~!」

こんなことは何度も言われた。

確かに、僕が赤ん坊のころデパートに連れて行かれたら「こんな可愛い子供見たことない!」と言ってたらい回しに抱っこされ、しばらく親元に却って来なかったのは(親戚間では)有名な話だ。

 

しかし、しない。

実際、僕の経済レベルでは結婚したいと思ってくれる女性はいないだろうし、僕も「結婚したいか?」と問われるとそんなこともない。完璧である。

 

そして僕と同じ状況の知人も複数いる。

 

少子化打開策などこれ一つしかない

そこでだ。少子化解決の光明となる策をなんとはなしに思いついたので発表したい。

簡単に言うと『一夫多妻制』これしかない。

あっ、『一妻多夫性』でもいい。危うく女性差別と取られるところだ。

 

地位や金のある人間が、連れ合いを一人に絞り、一人か二人の子供を設ける。

非常に非効率ではないだろうか?

貧乏でやっていけない人間に無理に家庭を設けさせ、さらに貧困に喘ぐ子供を生み出すことはない。

 

また「貧しい家庭で育った子供は将来貧しくなり、豊かな家庭で育った子供は豊かになる。」とも言われている。

僕も同意見だ。自らも体現しているからだ。

 

人間は機械ではないからもちろん必ずそうなると限ったことではないが、レアケースを除き、その傾向に疑う余地はないだろう。

 

現実問題として『教育水準』がある。

個人的な意見でいえばその前に『性格・考え方』、もっと言えば遺伝的な要因も強いと思っている。

 

このまま僕が結婚して子供を作れば顔だけの貧乏人に育つ可能性は限りなく大きい。

優秀な女性と結ばれてできた子供ならその限りではない。かもしれないが、優秀な女性と出会う機会はない。優秀な人達は優秀な人同士で出会う。

 

 であるから、優秀な人間が高い水準の教育をして優秀な人間をたくさん育てればよいのだ。そうすれば優秀な国ができるのではないだろうか。

 

他力本願と取られても仕方がない。これが戦場だとしたら素手の素ド人より、戦闘訓練を受けた武器を持った人間に戦ってもらいたいと思っても仕方がない。

 

はい。