反逆の Commoner

男前の思想家。

契約社員なんてやめろ。人生の無駄だ。

契約社員』でひとググりしたら、「一生懸命働いてるのに雇用形態が契約社員だからという理由で女にフラれた。」という嘆きの書き込みを見つけた。

 

そりゃ当たり前だ。雇用形態どうこう以上に、そんなアホな男と付き合うのはまっぴらごめんだろうよ。

 

 

この世の働き方は『正社員』と『パート』だけで十分だ。

 

 

それ以外は企業が労働者をケムに巻いて、上手いこと使い倒すために使う方便に過ぎない。

 

雇用形態の中で、派遣社員は論外として、もう一つクセモノな雇用形態がある。

 

それが契約社員だ。

 

 

 

 

 

契約社員とはなんだ

正社員は言うまでもない『正規雇用』企業のれっきとした一員だ。

 

そしてパートは正規社員で賄えない分のみを補う、言わば臨時的従業員。

(フルタイムのアルバイトという最高に人生の無駄でアホな状態に関しては今日は割愛)

 

 

では、契約社員とは何か。

 

人生で初めにこの言葉を目にした時は、「契約社員?正社員とは違うのか?正社員は契約してないのか?」と狐につままれた気分になったものだ。

 

企業にとって最高の使い捨てゴマだ。

 

 

例えば、企業側が正規雇用する前に適性を見たい場合や、逆に労働者側が自分に合った仕事・企業かを見極めたい場合、絵描きやタレントなどの別の大きな目標がある場合は、パートという雇用形態が向いている。

 

 

しかし、契約社員は責任や勤務スケジュールは正社員並み。自分の都合というわけにはいかない。その上で企業側から将来に対する補償などは一切ない。

 

今は、初めは理解できなかった契約社員の意味を理解できる。

 

つまり用済みになったら切り捨てられる存在。“期間契約社員”ということだ。

そのことを企業がうやむやにするために「契約社員」という意味のわからない呼び方にしているというわけだ。

 

 

契約社員として使われている人達は、一体何を考えてそんな働き方をしているのだろう。

 

 

そんなアホな働き方をしている者は、今すぐに正社員にしてもらうよう人事に嘆願するべきだ。断られるようならさっさと別の仕事を探すがいい。

 

 

 

 

「女は“ながら”ができる」ってなんなんだよ?笑

最近ネット見てたらこんなブログ書いてる女がいた。

要約すると「女は男より一度にたくさんの情報を処理できる脳を持ってる。だから同時に複数のことができる」みたいな。

「んん?笑」と思ってコメントしようと思ったら、できない設定だった。まぁその内容じゃ無理もないな。


なるほどね。

国を引っ張るものからそこら辺の人まで

だから自民党の松島みどりはケータイいじりながら読書しながら国会に出てたのか。
蓮舫参院本会議中に隠れてスマホいじってたみたいだしな。



うちの近く女子大だけど登下校してる生徒は大体歩きスマホだし(まさか一流大学の女子生徒も歩きスマホってやるのか?)、オバサンが自転車乗りながらスマホしてるのも見るね。
ベビーカー押しながらスマホ、犬の散歩しながらスマホ。家事しながらドラマみながらスマホ

怖いな~怖いな~…

こないだなんかビックリしたんだけど、夜19時くらいの住宅街歩いてたら、暗闇の中向こうからふわふわ光が向かってくるの。「何?」と思ったら、20才くらいの金髪の女が“歩きMacBook。そのリンゴマークね。

やらかしてる

あのー、それってー「ながらが“できる”」じゃなくて“やっちゃってる”だけでは?周りの迷惑になるとか予測できずに“やらかしちゃってる”だけじゃないかね?

家事なんかもさ、多分“ながら”じゃなくて集中してさっさとやれば早いよね?


はい、結論。
「女の脳は男より一度にたくさんの情報を処理できる。ただし、質が高いとは言っていない。」


家事をしない・できない女

思うままに書きなぐりたいと思った

先日ネット上である一人のご婦人が、
「女がみんな家事できると思うな。」
って言ってるのを見たわけ。

自分にも今付き合ってる彼女がいるんだけど、家事を全然しない。
しかも、付き合った当初はしてたわけ。慣れたらしなくなった。

末っ子は家事をしない

この彼女と、その前と、その前の彼女、3連続末っ子なんだけど、全く家事ができなかったわけ。その前が長女なんだけど、この人は言われるまでもなく、おれより家事ができてた。

この事からおれの中ではもう【長女=家事ができる、末っ子=家事ができない】の式が成り立っている。
あくまで俺の中でだけだから、家事が好きな末っ子がいたら申し訳ない。

家事に対する姿勢

ここで言っておきたいのは、家庭だったり、おれみたいに同棲したり、【共同生活】の場合ね。
「一人暮らしだから誰も他にやる人がいないからしょうがなくやる。」
これは家事ができると人に対して大っぴらに宣言できる事にはならない。
共同生活の中でも率先して家事ができて、初めて「家事ができる」ということ。

つまり「家事が好き」かどうか。

家事には人間が現われる

で本題なんだけど、『家事をしない人』は家事をしない事が問題なんじゃなくて、「家事をしない人間は他も全てダメ」と言うこと。

家事をしない分、他が優れているのかと思えば、全くそんなことはない。

だって、「なぜその人は家事をしないのか?」と考えれば答えは見えてくるでしょ?
それは「人間性」とか「性格」の問題。
つまり、その人は「面倒なことを人に全部押し付け、それでいてなんの気遣いも起きない人間」だと言うこと。

末っ子に家事できない人間が多いのは、多分親が甘やかしている率が一番高いからなんだと思う。
周りが全部やってくれていた。

世の中を見れば、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンだったり事業を成功させた女性経営者が、家庭でも家事を完璧にこなしてるケースを見る。

結局、できる人はできるし、できない人はできない。
別に腕の本数が違うわけでもない。単に意識の違い。しかもできる人が高いのではなく、あくまで普通。

家事をしない=×

自分の彼女の話だけど、
・収入は最低限。仕事は休める限り休む。
・やってもらっても感謝の気持ちはない。
・文句が多い。
・起こさなければ1日中寝てる。
・注意されればヒステリーを起こす。
・謝るということを知らない。
・自分を省みない。
・外面だけは凄くいいので「しっかり者」と思われている。いわゆる世渡り上手
・やはりアラフォー独身

おれは割りと情に厚い人間なんで、彼女でも家族みたいに思うから、自分から別れを切り出したりしない人間だけど「さすがに無理」と思ってきてる。

【結論】

「女がみんな家事できると思うな。」←思うも思わないも別にいいけど、家事をしないという事は『純然たる欠点』
人として劣っているんだよ。

あと、家事をしない=動かない=プロポーションを保てていない。