反逆の Commoner

男前の思想家。

求人サイトはどこもろくなバイトがない。ジョブセンス他、派遣やチェーンの金太郎飴・釣り求人

ジョブセンスで最寄りの駅名で検索したところ、検索結果は190件。

 

しかし、これを見てほしい。

 

馬鹿の一つ覚えの釣り求人

f:id:zentroa:20170615090241p:plain

途中で画像を繋げるのに飽きてしまったが、同じヤマト運輸株式会社の求人が44件続く。

なぜ、一つの駅を検索してこのようなことになるのだ?

 

他にも、ポニークリーニングの求人が16件だ。

 

派遣・チェーン店の数打ちゃ当たる求人

今回はジョブセンスの画像を上げたが、バイトルタウンワークだフロムエーだanだマイナビだ、どこ見ても載ってる求人は大して変わらない。

 

大体が派遣・大手チェーンの勤務地違いのバラまき求人だ。

 

「求人サイトで条件に合う仕事を見つけて、派遣会社に電話をかけて登録行ったら、違う仕事を紹介された」なんて話はザラだ。

不動産屋の窓にはってある物件情報と同じ。あれも釣りが多いと昔から言われている。

 

ユーザー満足度の低い商売は潰れる

以前も書いたが、ユーザーの利便性などまったく考えてもいない。まさに求人サイト運営会社は『商売の反面教師』だ。

 

ジョブセンスを運営するリブセンスも一時期は社長がドキュメンタリー番組なんかに出て調子づいていたが、今では風前の灯のような経営状態らしい。まぁそうだろうな。センスがないんだから。

 

 

昔はアルバイトなんか探すと、バラエティーに富んだ求人が載っていて面白そうな求人も載っていたが、今はまったくつまらないものばかりだ。

 

チェーン店・派遣会社、そして求人広告会社

こいつらが日本の社会をつまらなくしているのは間違いない。

 

一回全部潰れてくれないかな?

 

   

 

スーパーのカートが邪魔。大した買い物もせんくせに使うな。

私はスーパーに行くのが嫌いだ。利用してる主婦層の民度が低いので、行くと必ず嫌な気分になる。

 

まず他人への配慮がない人間が多い。自分が世の中の中心にいるかのように、自己中心的な行動が目に付く。実際には世の中の中心から遥か離れたところにいるのだが?

 

特にそれが鼻につくのが『カート』だ。

 

通路が狭いんだから誰でも彼でも使うなよ

体力のない老人や、赤ん坊連れならカートを使う利用は一目瞭然だ。

相当量の買い溜めをする場合もまあ仕方あるまい。

 

だがそういう層でもなく、スーパーに入る→カート置き場に行くがルーティーンになっている『カート常用利用層』がいるのだ。

 

 

まあ、大体どういう人間なのか想像がつく。常にカーㇳを使う=常に楽をしたい人間だ。この常に楽をしたい人間は、得てして他人の迷惑になる人間だ。

近い所で「1フロア程度の上下も常にエレベーターに乗る層」がいるが全く同じ層だろう。

カートは2人分の場所を取る。狭い日本、主に都心のスーパーには邪魔なのだ。

しかし、「恐らく他人の邪魔になるだろう」というような思慮深さはまずこの層が持たざるものだ。

 

まとめ

場所を余分に取って人の進行を妨げるな。人に迷惑を掛けるな。

 

しかし、この層に何を言っても論点のズレた罵詈雑言しか返ってこないことは目に見えている。改善にはスーパー側が動く必要がある。

 

スーパーはカートの管理スタッフを置き、老人・子供連れ以外の貸し出しを制限すべきだ。それが無理なら単純にカートの数を減らす。

 

   

フリーター人生「正社員になりたくない」

 

「正社員になろう。」などと言う考えは持っていない。

今さら正社員に応募したところで、紙で落とされるだけだ。学歴も正規社員歴もないのだから。

 

そしてなによりおおきいのは、私にそんな気がない。ということだ。

 

プライベートを無くしたくない。

ぶっちゃけて言ってしまえば、私は器用なほうで、大体のことは人並み以上にできる。

と言っても専門的な知識を要することは無理だが単純なことなら、まず「人より早く正確」との評価を受ける。

 

アルバイトをしていて正社員に誘われたことも何度もある。

 

しかし、これまでの仕事で正社員を見ていて「なりたい。」と思ったことがないのだ。

 

私の正社員のイメージは、「会社に有無を言わされずこき使われる人」というイメージだ。

優良企業様ならともかく、一般以下の会社は社長の一人勝ちだろう。

 

それでも普通の人は「将来が~」「保障が~」といってしがみつきたがるものなのだろう。

 

私にしてみれば人生の方が大事だ。いらないものをもらってもしょうがない。

 

フリーター人生できついのは金

合っていないであろうし、やりたくもないが、雇ってもらえそうな仕事に「自分は向いています。どうしてもやりたいです。どうか仕事をください!」と言って雇われ、案の定合わなかったり、仕事内容は合っていても、人間が合わなかったりするが、我慢できるところまで(半年~3年)やって辞める。

 

なるほど。改めて書き出してみて分かる。僕の人生はこれのリピートなのだ。

 

こんな事を繰り返していると、立ち行かないのが金銭問題だ。

日本のアルバイトの賃金は先進国の中でも搾取率が高いので、死なない程度の賃金を与えられ自転車操業を繰り返すわけだ。

 

どうしても仕事が嫌でやめて無職になったこともある。そうすると税金など払えず滞納することもあった。

 

まあ無職とフリーターの違い払える貧乏か、払えない貧乏かの違い程度だ。

 

日本のアルバイトは超優良奴隷

日本に来た外国の人間が「日本のサービスは素晴らしい」なんて言うみたいだけど、サービスしてるのは末端の従業員だからな。雀の涙ほどの金で高いパフォーマンスをする。これが奴隷でなくて何かね?

 

賞賛されてヘラヘラいい気になってるのは企業役員だがね。もっと金払えよ。

 

フリーターは日本の数少ないリーダー候補

東大生が将来についてインタビューされた時、「優良企業で働くこと」と答える。

日本で一番勉強した奴らでもそれだ。下働きをしたがる。

 

結局イス取りゲームをやり合って、あぶれた奴は人生の落伍者となる。そんな社会。

日本の成長が頭打ちになったことの要因はそういうところだと思ってる。

イスを作るやつがいない。

 

そんな中で自由なフリーターでいたがる奴隷根性がない人間は、トップに立つべきなんではないかと思う。

 

以前ネットで「会社勤めもできない人間が起業なんか成功するわけがない」と言っていたのがいたが、あれは「勤めている自分はこいつらより上なんだ」と必死に自分を肯定したいだけの何の根拠もない主張だ。

 

上に立つ人間と、下に立つ人間はマインドが違う。(サラリーマン社長は違うが)

 

 

私もやりたいことはいくつもあるが、現在金がないのでエンスト状態だ。

しかし、何かの間違いでまとまった金ができれば間違いなく人生を逆転できるだろう。